18日の夜行バスで上京した訳は

永青文庫で開催中の春画展を見たかったから…。

名古屋じゃ絶対開催されないだろうし。

P1070652.jpg
P1070650.jpg
P1070653.jpg

終わりが近い事もあって多くの人が並んでいました。
海外の方も多かったです。

少しずつ中に入って鑑賞。

館内は狭かったけど混乱も無く見れました。

さすがに、ゆっくりと見る事は出来ず分厚い図録(4000円也)を購入しました。


鑑賞後は素敵なカフェでランチ。
シンプルな味付けで素材の旨みが出ていて美味でした。
白木のインテリアも素敵でした。
白木のテーブル、美しく磨かれた床板。
白い壁。
何も無い贅沢。
四角い窓から見える景色が絵画の様です。

P1070656.jpg
P1070655.jpg
P1070654.jpg

ゆっくりと食事をした後は「カトリック東京カテドラル関口教会」の

聖マリア大聖堂で被災地支援を兼ねたクリスマス音楽の集いを鑑賞。

この大聖堂は以前テレビ東京の美術番組で紹介されていた記憶があります。

満腹だった事もあり、心地よい音楽に一瞬、天国に逝きそうに…。

迫力のパイプオルガンで目が覚めましたが。

有志の皆様のコーラスやオーケストラの素晴らしい演奏に心洗われる思いでした。

午前は春画展で「生と性」を午後は「聖なるひと時」を過ごした一日でありました。


明日はいよいよドルパ34です。
(続く)



 | ホーム |